こんばんは!

 

アメブロに一旦アップした後に編集したら何ではじかれるのかどうしてもアップできなくなったので久々にこちらに投稿します。以下、アメブロにアップした文のコピーです。

 

 

札幌の着物ライフクリエイター・猪俣和美です。

 

今日は今、書きたくて仕方なくなったことを書きとめる内容です。

 

先日、舞台衣装のことで打ち合わせに行ってきました。

その主宰の方とお話ししていてビックリしたこと。

 

 

それは数年前から普玖見実 http://fukumimi.usagi.co/の存在を知っていたことでした。どこからたどり着いたのかわからないそうですが、普玖見実のHPを見て「これはどこの誰なのだろう」と気になったそう。

 

 

 

そしてね、その方はそんな風に気になった人にはいつか必ず出会うのだそうで。

 

HPで普玖見実(ふくみみ)として創り手の私の存在はご存じのまま一年くらいは過ぎたのかな、一昨年の公演のときに音響の方のインカムからか「ふくみみの何とかさんが来ている」と情報が入ったそうな。

 

 

そう、その音響の方と私はすでに一緒にお仕事をしたことがある仲で、でもその方が音響をされているとはしらずにその公演を観に行ったのです。そして着物で行ったため後姿で発見されたという。笑)

 

 

確かに開演する前に「ようこそ〇〇の世界へ」と音響の方からメッセージが届いたので振り返って手を振りました。笑)

 

 

その裏で「ふくみみの何とかさんが来ている」というのを聴いた主宰の方は「ふくみみ=あのHPの人?」と反応していたのだそうです。

 

そこからまた一年弱が過ぎ。

 

去年の公演前、アクシデントで一部の衣装制作がままならなくなる事態になり主宰の方は友人にヘルプを伝えたのでした。

 

そのヘルプを聴いた友人が白羽の矢を当てたのが、私だったのです。

 

私を紹介された主宰の方は「おー、こっちから来たか!!」と思ったそうで。笑)

 

 

どうやら出会うことは決まっていたみたいです。

 

 

私がお寺でファッションショーしたいな〜♪って言ってたら数年後にお寺でファッションショーしませんか?って話が来た流れと一緒な感じ。

 

しかーも! 私がずーっと以前から、あーこの人とはきっと友達になれる気がするって思ってた人がメンバーにいるのです(^◇^

 

友達飛びこし仲間になれる♪

 

 

そんなね、面白い素敵な流れで舞台衣裳に返り咲きます。

 

 

ちなみに、 富良野の市民演劇→旧イレブン☆ナイン→富良野GROPとすべて富良野塾OB関係の舞台から 全然違うテイストの舞台衣裳。

 

 

札幌に来て、お芝居の衣装いつかお願いしたいって言ってくださっていた方がいるのですが、それは叶わず別のとこが来るという。

 

 

ご縁って本当に不思議なものです。

 

 

札幌に来て、着物リメイクと着物(着付け)と舞台衣裳、今までやってきた仕事のコンプリート。

 

 

札幌大好きって言い続けてるから札幌の土地が喜んでくれたのか?笑

 

 

まー、今年前半、ずーっとサボってきた分、後半走ることになるんだろうなぁ。

 

 

 

楽しいね!!楽しもう!! 今日写した龍みたいな雲(^◇^)

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL